一人暮らしの方必見!おすすめ不動産屋の選び方!

ネットで家探しができる時代にはなりましたが、まだまだ街の不動産屋に行く機会もあるでしょう。その際には、お店の外見を良く観察することも重要です。そこを注意深く見ることにより、おすすめのお店なのかどうかが判断できると言えるでしょう。今回は一人暮らしの方にはおすすめする不動産屋のポイントをご紹介していきましょう。

まずは不動産屋のタイプを学ぼう!

皆さんはこのようなことに遭遇したことはないでしょうか。家探しのサイトで賃貸物件の情報を探していたら、同じ物件にいくつかのお店の名前が連なっていたという現象です。これはよくあることで、業界では通称「レインズ」という宅地建物取引業法に基づいて国土交通大臣が指定した指定流通機構のことで、登録している業者は全て同じ情報を見ることが可能になっています。

したがって、レインズに登録している仲介業者ですと、どの業者でも物件案内は可能になるので、1つの賃貸物件にいくつかの業者が入っている現象が起こるのです。そうなると、どこも同じ情報を扱うことになるので、どういうことをポイントに選べばいいのでしょうか。

不動産屋は大きく分けて、大手と地域密着型の2つのタイプがあります。大手は全国各地の物件を扱っており、物件数は断トツで多いでしょう。したがって新築の物件に巡り合いやすく、各支店でキャンペーンなどもしており、Tポイントカードの提携やクレジットカード決済などお得なキャンペーンを開催しているお店も多く見受けられます。

一方で地域密着型になると、そこまで物件数は多くない分その土地には詳しく古くからの物件なども管理していたりするので、掘り出し物件に遭遇する場合もあります。また大家さんとの長い付き合いもあり家賃の交渉も得意でしょう。それぞれのタイプによってメリットがあるのです。

後悔しないための良い不動産と物件の選び方

では次に良い不動産屋はどのように見分けることができるのでしょうか。それは、お店スタッフの対応が全てだと言えるでしょう。というのも、結局本出は同じ「レインズ」の情報がほとんどで、プラスαはあるものの情報の差が出ることもないでしょう。

そうなると、やはり物件を紹介してくれる担当者の人柄になります。誠実な対応をしてくれるのか、ダメもとでも家賃交渉をしてくれるのか、希望の物件がなくても近い条件で探してくれるのか、それらは全て担当者の対応次第にかかる部分が多くなるでしょう。

またお店の外見から良いかどうかを判断する場合は、きれいに見やすいようなPOPを掲載しているお店は、こまかい部分まで行き届いていると判断できます。最近ではネットで不動産を探す人が増えて、そういった部分で店側も手抜きの場合が多いです。しかしそのような部分でもちゃんと対応しているというのは、おそらく社員の教育が徹底している証拠なのでしょう。

そして、あまりにも過剰な言葉などで注意をひいたり、道路にまで平気ではみ出してPOPをしている場合は信用できないお店です。さらに、おとり物件を掲載している不動産もありますので注意が必要です。おとり物件とは架空の好条件の案件を作成したり、すでに入居が決まっている物件をあたかも空室のように掲げていたりするので注意が必要になります。

不動産屋からすると、何が何でも顧客を店まで誘導させることが重要ですので、そのような手段も使用している場合があるのです。目立つ場所かつ誇大広告を掲げていたら要注意です。

一人暮らしの賃貸物件を選ぶ際の注意事項

一人暮らしの賃貸物件を選ぶ際に注意してほしいのは、物件が何でできているかです。それによって防音性に差が生じてくるからです。一番響くのが木造で、一番響きに強いのは鉄筋コンクリート造になります。

しかしなかなかない場合は、軽量鉄骨は木造よりかは防音性に優れています。また隣人や上階の住人にも注意が必要で、外国人の多い場合だと夜が騒がしかったりすることもあるようです。そして、駅から自宅の街並みの確認も昼間と夜で確認しておきましょう。また、相場よりかなり安価だったり、なかなか次の入居者が決まらなかったりした際には、その理由を聞いておきましょう。

0

0

0

0

0

0

0

まとめ

今回は一人暮らしの方におすすめの不動産屋の選び方についてご紹介してきました。レインズの存在を知っているかいないかは大きな差になります。同じような情報をいろいろなお店が同時に見ることができるので、店の間での情報の差異はあまりないでしょう。となると、重要なポイントはお店のスタッフの対応1つになります。どういう条件がいいのか、場所、外せない条件などこまかくヒアリングをしてくれる方がおすすめです。

家探しにおける重要なポイントは良い不動産、良い担当者を見つけることになるでしょう。